痔・脱腸(ヘルニア)・消化器疾患なら大岩外科胃腸科医院へ|外科・胃腸科・麻酔科|福岡県古賀市

お知らせお知らせサイトマップサイトマップFacebookFacebook

大岩外科胃腸科医院トップページ

お問い合わせ|大岩外科胃腸科医院お問い合わせ|大岩外科胃腸科医院

ホームホーム病院について病院について受診のご案内受診のご案内入院のご案内入院のご案内手術について手術について胃腸相談室胃腸相談室お問い合わせお問い合わせ

胃腸相談室|大岩外科胃腸科医院|痔・脱腸(ヘルニア)・消化器疾患|外科・胃腸科・麻酔科

HOME > 胃腸相談室 > 回答|癌と診断されたら…

胃腸相談室 回答

Q:ある病院で胃の検査を受けたら病理組織診断で癌が出ましたと告げられました。その後どうすればよいのでしょう?

回答:

 今では上部消化管の内視鏡検査が大変普及し、しかも大変細径化して細かくて苦痛が少ない内視鏡になりましたので、内視鏡の専門医ではない一般の医師でもこれを行い、そこからごく小さい組織をとって生検組織診断をすれば、診断はおよそつきます。

  私たちのところにもこのように、よその医療機関でカメラを受けたら胃がんでしたといって1枚の病理組織診断報告書を持ってこられる方がよくいらっしゃいます。欧米などの外国ではこんなやり方が多いと聞きます。だが胃や腸の診断は、病名がついいただけではあまり役立ちません。例えば胃がんを例にとって言いますと、それがどのへんにあって大きさがどのくらいで、どんな形をして、どのくらい深くもぐっているか、転移はないかまで診断しなければ次にどんな治療をすればよいか決まりません。

  そこまで調べるには、胃精密レントゲン透視をしたり、内視鏡でもあちこちの方向から見た写真を撮って、多くの場所から生検して癌の広がりを確かめ、超音波診断で深さの診断をし、さらにはCT診断をしてリンパ腺や肝への転移の有無を調べないことにはうかつに手が出せません。

  私たちではそれらの検査を全部して、内視鏡で見てとるか、手術が必要か、どのくらいの範囲までとらなければならないかなどを調べます。そこまで責任もって診断して、最も有効で安全な治療法をお教えすることにしています。

内視鏡でみた胃潰瘍
内視鏡では一見、胃潰瘍のように見えるが…

X線検査
X線検査では潰瘍周囲に強い凹凸がみられ、
間違いなく癌であるとわかる。

5px.png

ご利用案内
病院について病院について
受診のご案内受診のご案内
入院のご案内入院のご案内
手術について手術について
胃腸相談室胃腸相談室
お問い合わせお問い合わせ

診療時間
お問い合わせはコチラ|092-942-6231お問い合わせはコチラ|092-942-6231

inside_bunner_S.jpginside_bunner_S.jpg

時間外診療について時間外診療について

痔について|当院の肛門専門医にご相談ください痔について|当院の肛門専門医にご相談ください

早期発見・早期治療のために健康検査を受けましょう早期発見・早期治療のために健康検査を受けましょう

胃腸相談室・出張版胃腸相談室・出張版

大岩外科胃腸科Facebookページ|健康に関する情報や最新情報をチェック!大岩外科胃腸科Facebookページ|健康に関する情報や最新情報をチェック!

大岩俊夫写真館大岩俊夫写真館

メンタル・コーチング【ロシェズ・ルーム】メンタル・コーチング【ロシェズ・ルーム】